カーボン・オフセットとは、企業活動や商品製造等によって排出してしまう温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量の全部または一部を、他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)することを言います。

例えば、商品の製造・使用にともなう温室効果ガス排出量に見合った温室効果ガス削減クレジットを調達し、この分のコストを商品の価格に上乗せして、温室効果ガスがオフセットされた商品として提供することができます。

このような仕組みを活用した商品・サービス・イベントは年々増えており、市民・企業・自治体等が主体的に地球温暖化対策に貢献する手段の一つとして注目されています。

カーボン・オフセットは、排出してしまう温室効果ガスを他の場所で削減することでオフセット(埋め合わせ)する手法です。他の場所で温室効果ガスを排出削減する方法として、温室効果ガス排出削減プロジェクトを自ら実施する、資金援助する方法があります。しかし、そのようなプロジェクトを自ら実施することは困難をともないます。

そこで、通常は、温室効果ガス排出削減プロジェクトからの削減量を、第三者により認証されたクレジット(排出削減・吸収価値)を調達・無効化することによりカーボン・オフセットを行います。カーボン・オフセットに用いられるクレジットには、京都議定書に基づくクレジット(CER、ERU等)や国内の排出削減プロジェクトから創出されるオフセット・クレジット(J-VER)などがあります。

クレジットの購入・調達を通じて、温室効果ガス排出削減プロジェクトに資金が提供され、温暖化対策に貢献することが可能になります。

Copyright (C)九州オフセット推進協議会. All Rights Reserved.